OiwakeFarm
staffvoice

スタッフの声

現役の競走馬を間近でサポート
出来る喜びがあります

山元スタッフ

曵地 海都

2019年(令和元年)入社

競馬の世界に導いてくれた祖父

私の祖父は競馬が大好きで、週末になると必ずテレビで競馬中継を観ていました。はじめはなんとなく一緒に観ていたのですが、徐々に競馬や競走馬というものに対する思いが強くなり、「もっと馬のことを知りたい」という気持ちを持つようになりました。
「競馬場に連れて行ってほしい」と祖父に頼み、初めて目にした福島競馬場。生で観る競馬の迫力に興奮したことはもちろんですが、私が一番印象に残ったのは、競馬場で仕事をしている厩務員さんたちの姿でした。競走馬に寄り添うその働き方に強い憧れを抱き、「いつか私も馬に携わる仕事に就きたい」という願いを持つようになりました。

現役の競走馬を直にサポート出来る喜び

追分ファーム山元トレーニングセンターには、現役の競走馬やデビューを間近に控えた2歳馬などが在厩していますが、私はその馬たちの馬房を掃除したり、ウォーキングマシンに入る馬の入れ替えを行ったり、調教後の馬体を洗うなどの作業をしています。また、歩様チェックの際の曳き馬や治療などのアフターケア、厩舎全体の清掃や手入れ道具の管理なども大切な仕事です。
追分ファームは競走馬の生産から育成までを行う総合牧場ですが、山元トレーニングセンターはその最前線となっているため、ここから美浦や栗東といったトレーニングセンターや各競馬場に馬が移動し、レースで走り終えた後はまたここに戻ってきて、次のレースに向かうための準備を行っています。私が携わった馬たちが次のレースで最高のパフォーマンスを発揮出来るように手助けすることが大きなやりがいになっています。馬たちがレースで結果を出してくれることが一番ではありますが、そうでなくても、まずは無事にレースを終えて帰ってきてくれることが何よりも嬉しいですね。

馬と共に生活し、レベルアップを図る日々

「馬と共に生活をすること」が私の夢でしたので、それが叶った今は、言葉では表せないほどの幸せと充実感を感じながら生活しています。
プライベートの時間も馬中心ですが、たとえば、競馬番組に映っている厩務員さんの仕事ぶりを見て、「何か取り入れられそうなテクニックはないか」といった視点で観察するなど、常に向上心を持って過ごすようにしています。
馬以外の時間では、私は映画を観ることが好きですので、部屋でのんびり映画を観て過ごすなどしています。

自身のスキルを磨き上げ、携わる馬の勝利に貢献したい

今後の目標ですが、自身の馬の扱いのスキルを上げ、少しずつ仕事の範囲を広げていきたいです。具体的には、曳き馬をする際に必要なハンドリング技術を高め、馬の気持ちをより深く理解出来るようになれば、立ち上がったりしたときの対処法などの引き出しも増えると思いますので、その2つのスキルアップを図りたいと考えています。
私は異業種から追分ファームに転職してきたのですが、前職で培った経験から、馬とのファーストコンタクトを取る前のイメージと、実際に取った後の感覚を比較し、「この馬はどういう性格で、好き嫌いや得手不得手は何なのか」、「ウィークポイントをどのように克服していったらよいのか」を考えるといった、1頭1頭への理解に重きを置いた思考方法が身に付きました。追分ファームの生産馬の勝利数を少しでも増やせるよう、そういった自分の強みを生かして貢献していきたいですね。

ある一日のスケジュール

冬季

                                                                    
5:00 始業 馬をウォーキングマシーンに入れる
5:30~ 馬房掃除、トレッドミルの使用など
5:50~ ウォーキングマシンの馬の入替、トレッドミルが終わった馬を洗う
6:00~ 馬房にエサをつける
6:30~ 馬の手入れ
7:00~ 調教が終わった馬を洗う
11:30~14:30 昼休み
14:30~ 馬の治療や手入れ、馬房掃除など
16:30 終業

※1 当番制で夜飼い(18時)、朝飼い(24時)があります。
※2 夏季は4:00始業です。

pagetop